【生命科学科・実習シリーズ】浅水先生

生命科学実習の浅水先生の担当回では、5回にわたって線虫の寄生の様子や接種試験法を学んだほか、ネコブセンチュウ感染によってトマトの根に形成されたコブの切片を作製して顕微鏡観察を行い、寄生器官の内部構造を学びました。

 実習では、ネコブセンチュウの卵のうを採取した時に一緒に切り取ったネコブを材料にしています。写真の、ブリリアントブルー水溶液で青色に染まっている部分が卵のうで、線虫の卵が入っています。卵のうがついている根の部分がコブのように膨れていて、これがネコブです。このネコブの中でメスの線虫が成長し、卵を産みます。


 

集めたネコブをパラフィンワックスの中に埋め込み(包埋といいます)、ブロック試料を作成します。ネコブが包埋されたブロックを「ミクロトーム」という専用の機械を自分たちでハンドル操作して切削し、切片を作ります。

 

10μmの薄さに削った切片が、リボン状に連なったものが得られれば成功です。組織を連続して切断し、CTのように断面を観察することができます。切削のスピードや刃の角度の設定など、なかなか難しい作業ですが皆練習をしながら上手に行っていました。この切片を数枚分スライドガラスに載せ、ホットプレート上で一晩加温して、パラフィンを溶かして乾燥させます。




 

翌日に植物細胞をトルイジンブルー溶液で染色します。パラフィンを抜くため、染色前に脱パラフィン、脱キシレン、浸水という作業が必要です。ガラス壺に入れた各溶液に浸していき、染色を行います。できあがったスライドガラスを光学顕微鏡で観察しました。

 


学生さんが作製したスライドガラスの画像です。赤色の丸で囲った部分がメスのネコブセンチュウです。矢印の部分では、ネコブセンチュウが産んだ卵も観察することができました。


8月に開催される夏のオープンキャンパスの生命科学科の展示ブースでは、今回紹介したネコブ切片の顕微鏡観察を体験することができます!センチュウに興味のある高校生の皆さん、ぜひご来場ください。

(中田)

奈良県・西本氏によるイチゴの講演会

 2024621日、1年生を対象とした入門ゼミで、奈良県大和野菜研究センターの西本登志所長から、「わが国におけるイチゴ栽培・品種の歩みと奈良県における品種開発」と題してご講演いただきました。好評であったため昨年に引き続いてお越しいただきました。イチゴの栽培技術や品種の歴史から始まり、現在栽培されているイチゴ品種の特徴、奈良県のイチゴ新品種の紹介、品種登録制度など盛りだくさんの内容でした。華やかに見えるイチゴ新品種の育成には大変な労力と時間が必要なこと、クリスマスにイチゴが食べられるのは、イチゴを休眠させない促成栽培技術が開発されたからであること、専門家でも意外と知らないイチゴが美味しい時期など、他では聞けない貴重なお話も聞かせていただきました。今回イチゴに関する理解を深めたことで、今年の冬のイチゴはこれまでと違った味わいになるかもしれませんね。

(植物病理学研究室 平山)



入門ゼミ プレゼン大会

 入門ゼミのプレゼン大会が行われました。

各クラスから選ばれた2名が発表していきます。発表内容は発表者それぞれで、どれも個性があって面白かったです。スライドも洗練されており、発表態度も良く、慣れてるなあと感心しました。発表タイトルは以下です。

・優勝するためにはドラフト一位は必要なのか

・打球を遠くに飛ばしたい

・ガチャガチャのブームについて

・筋力トレーニングの効果

・ウォンバット

・コーヒーの魅力

・コーヒーが身体にもたらす心理的影響

・みんなが思っている中国料理は実際の中国料理と同じ?

・アルプスアイベックスの生態

・サバクツノトカゲー唯一無二の自己防衛

・ミツバチの社会性

・授業中の睡眠とタイミング


聴衆者からのコメントの一部です。

「発表会の中でもそれぞれテーマが異なっており、聞いていてとても興味深い内容だった。今後もこういう機会を作ってほしいと思った。今日は楽しかったです、ありがとうごさいました!」

「いろんな人の発表を聞いて話し方がうまい人やわかりやすいパワポを自分も取りいれようと思った。」

「日常生活で少し気になるなぁと思ったことを発表していてとても聞いてて楽しかったです。」

「同じテーマでもスライドのデザインやアプローチしている内容が違うと全然違うものに感じ、面白かったです。また、グラフの入れ方が人それぞれで見やすさや目の行きやすさが違い、これからの参考にしたいと思いました。」

「いろいろな話題について話していて、新しく学びの範囲が広がった。」

                             など。
















発表してくれた人、ありがとうございました。  (塩尻)









姉川クラゲ(イシクラゲ)栽培中!!

 姉川クラゲ(イシクラゲ)の栽培試験を、伊吹山の麓、滋賀県米原市小泉地区で実施しています。生態が未知の生物ですが、地元の方の協力を得ながら栽培化に挑んでいます。イシクラゲは機能性成分を多く含むため、安定して大量生産が可能となれば、食用としてだけでなく、様々な用途に用いられることが期待されます。栽培化を成功させ、地域の活性化に貢献できればと考えています。

(植物栄養学研究室:玉井)


立派な看板も作っていただきました!

施設も増設中…

こんなのもできました!


トマトの収穫が始まりました!

  資源生物科学実習Bのトマトの収穫が始まりました!苗を植えた当初はどうなることかと思っていましたが、順調に成長して実がなりました。ただし,水はけの悪さが原因で根腐れしてしまったり,オオタバコガによる食害があったり,色々と課題も出てきました。来年度に向けて課題を抽出していきたいですね。







 

 収穫は7月いっぱい続く予定です。収穫は1限ですが,1限の時間帯でもとても暑いので学生の皆さんは体調を整えて牧農場での作業に参加してもらえればと思います。

【おまけ】

レポートで出した課題になりますが、皆さん、左と右の写真で何が違うか分かるでしょうか?左がPat-k座の遺伝子型が野生型ホモの個体(非単為結果性)、右が変異型ホモの個体(単為結果性)の花です。よく見ると、左側の花ではがく片がきちんと分かれているのに対し、右側の花ではがく片がくっついています。花弁も野生型ホモ個体に比べ、変異型ホモ個体で細く薄いことが分かると思います。このようにPat-k座が変異型ホモの個体では単為結果が誘導されるだけでなく、花の形態にも影響が出ます。これはPat-kという遺伝子が単為結果だけでなく花の形態形成にも関与していることを示しています。このように遺伝子によっては1つの遺伝子が複数の特性に影響を及ばすことがあり、品種育成の時にはこのような遺伝子の多面効果に注意する必要があります。