卒業研究の中間発表

 卒業研究がいよいよ終わりに近づきましたので、総合演習Ⅲの時間に中間発表を行いました。「酵素チーム」の最後の頑張っている姿と発表様子です!



香気生成酵素活性の測定

消費者の立場からみて、購入後のみかんの品質についての発表です


香りに関する発表です

(収穫後生理学研究室 ウェンダコーン)

日経バイオテク オンラインの記事紹介(植物生命・辻村)

 2021106日の日経バイオテク オンラインに、東京大学の有村准教授のグループによる植物のミトコンドリアゲノム編集の記事が掲載されました。

東京大の有村准教授ら、ゲノム標的部位一塩基置換をミトコンドリアでも達成:日経バイオテクONLINE (nikkeibp.co.jp)


この記事中には、私が9月の日本育種学会で発表した「mitoTALENを用いたナスの細胞質雄性不稔遺伝子ノックアウトの試み」も紹介されています。

ゲノム編集技術は、ゲノム中の狙ったDNA配列を正確に改変することができる技術です。

放射線などで突然変異を人為的に誘発し、DNA配列を変化させる技術は、以前より植物育種の分野で用いられていましたが、「狙ったDNA配列」だけを変異させることが難しく、ゲノム編集技術はその点が画期的です。

国内では、本学植物生命科学科の土岐先生が礎を築かれてきました。


植物の細胞には、核ゲノムのほかにもミトコンドリアと葉緑体が独自のゲノムを持っています。

有村先生のグループは、ゲノム編集を行う遺伝子を核に入れ、そこから発現した遺伝子産物をミトコンドリアに輸送させて内部のミトコンドリアゲノムを編集する技術を開発されています。



2019年に発表された「mitoTALEN」では、ミトコンドリアに輸送されたTALEN遺伝子の産物が、ミトコンドリアゲノム中の標的配列(遺伝子など)を切断します。

切断された配列は、末端から分解されたあと、ゲノム中の相同配列を使って修復されます。修復後のゲノムには標的配列が欠損していますので、元々の機能が損なわれます(これをノックアウトと言います)。

一方、記事に掲載されているゲノム標的部位一塩基置換では、シチジンデアミナーゼという酵素を利用して、シチジン(C)をチミン(T)に置換しています。

これによって、標的配列の塩基を変えることができ、より精密なゲノム改変が可能になります(mitoTALECD)。


この技術を利用できる良いモデルに「細胞質雄性不稔」という現象があります。細胞質雄性不稔は花粉が正常に作られないことで自家受粉ができず、種がつかなくなる現象です。

この原因となる遺伝子は、ミトコンドリアゲノムにあることは知られていますが、これまでの技術では、その配列を特定することは困難でした。

そこで私は、ミトコンドリアゲノム編集技術を使って、雄性不稔遺伝子の候補を欠損させようとしています。

この実験で花粉が再び作られるようになれば、候補が本当に原因遺伝子であることが証明されるというわけです。

 

葉緑体やミトコンドリアのゲノムには、光合成や呼吸など植物にとって重要な遺伝子がコードされています。

ゲノム編集技術はこれらを改変できる新しい技術として注目されています。


                                  (辻村真衣)





NHKのど自慢への挑戦に想う

 10月17日の大津での「NHKのど自慢大会」に、古本研究室所属の3年生の学生が出場しました。

古本の演習では、毎回、1週間の間にあった出来事を紹介しあいます。2週間ほど前に、当該の学生から、NHKのど自慢の大津予選への書類選考を通過したこと、今はその練習をしていることなど、話を聞いていました。

恥ずかしそうに、自分の夢とそれへの取り組み、そして、その一歩としてののど自慢大会への挑戦を感心しながら聴きました。

出場することへの恥ずかしさなど、参加へのネガティブな要素もあったろうに、予選への参加を試みたこと、私は、その挑戦の姿勢に大いに心打たれました。

さて、私自身は、どうでしょう。自らを振り返り、挑戦から逃げていることはなかったか、コロナ禍を理由に色々な取り組みに消極的になっていなかったか、研究成果を発信することに臆していなかったか、と考えました。

さて、学生の挑戦は身をむすび、本戦への出場を果たしました。

あいにく本日は出かけていてリアルタイムでの視聴はできませんでしたが、帰宅後、録画を視聴しました。緊張しつつ、一生懸命に歌い、アナウンサーに農学部所属であることを説明し、自分の将来の希望を話していました。立派でした。

ところで、彼女が選択した曲は、Zardの「負けないで」でした。この曲は、私が受験生の頃によくラジオから流れていた懐かしい曲です。ともすれば無味な受験勉強に取り組む背を押してくれました。

挑戦する学生の姿ほど、魅力的なものはありません。この学生を含む彼らとどういう研究をしようか、今の学生たちとの研究結果をどう発表しようか、研究・社会貢献に対する自分の挑戦をどう達成するか、その学生の姿を観ながら、もう一度思いを新たにしました。

教員は学生を教えるもの、というのがありきたりな姿でしょうが、実際には、学生の態度から教員が学ぶことも多いのではないかと思います。常に学び自分自身をリニューアルし、学生たちと前に進みたい、そう思いました。


(NHKののど自慢大会のテレビ画面を撮影)
(古本)



中川ゼミ ゲスト講師によるオンライン講義「食べ物から考える生き物のつながり」

中川ゼミ3年生を対象に、鹿児島県の重富海岸に位置する「くすの木自然館」より、浜本麦さんをお招きし、ゲスト講義を行っていただきました。


ゴカイ研究者でもある浜本さんのお話は
大変興味深く、また熱い語りに引き込まれました。


「食べ物から考える生き物のつながり:持続可能な未来とは?」をテーマとした講義では、普段わたしたちが「知ったつもりになっていること」や「気づいてはいるけれど、見て見ぬ振りをしていること」などに触れる話題が次々と示され、ゼミ生、教員共にも、改めて自らの行動を振り返る機会となりました。


なかでも、「SDGs」に関する学びは、大きな刺激となったようです。


<学生の感想より>

・SDGsについて、言葉だけ知っている、もしくは知ったふりをしていたことに、今回の講義を受けて気づきました。(中略)まず自分が「知らないということを知ること」が、SDGsに取り組む1番の入り口だと思いました。


・日本の現状を知って、今すぐにでもみんなが変わらなければならない深刻な状態なんだなと理解した。今自分にできることをやろうと思った。



SDGsを掲げる企業がなぜ多いのか、何もしてないのでは?という、普段から感じていた、しかし、とても鋭い質問も出ました。



また、「持続可能性」をより身近なところから考えるきっかけとして、浜本さんからは、


「ノルウェー産の安価なサーモンと三重県産のサーモンより高額なメバチマグロ、さて、あなたはどちらを買いますか?」


という質問が投げかけれました。




メバチマグロに多くの手があがりました。

食・農と環境とは、お互いに切っても切り離せない、ダイレクトに影響を与え合う関係にあります。


中川ゼミでは、地域マネジメントを大きなテーマとして、観光、食、環境という三つの視点を軸にしたグループに分かれ、活動しています。今回は特に、環境グループに学びの多い機会になったと思います。



最後に記念撮影




<学生の感想より>

自分たちが住んでいる美しい地球を守るために、自分たちができることをして、それを少しずつでも広げていきたいと感じました。全ての行動が無駄にはならないとおっしゃっていたので、なんでも果敢に行動していきたいです。



最後に、浜本さん、ありがとうございました。(中川)

社会学部坂本ゼミと農学部金子ゼミで合同ゼミを実施しました

 2021年9月15日(水)に、龍谷大学社会学部コミュニティマネジメント学科の坂本清彦先生のゼミに所属する3・4回生の学生と、農学部食料農業システム学科の金子ゼミに所属する3・4回生の学生計49名が、オンライン合同ゼミを実施しました。

まずはじめに、zoomのブレイクアウトルームで学生同士が自己紹介と交流を行いました。

その後、各ゼミの活動についてのプレゼンテーションを通し、学びを深めました。

坂本ゼミからは、ゼミでの学び、ゼミの運営方法の紹介をしていただきました。

続いて、60歳以上の方々が新しい知識や教養を身につけるために設立された滋賀県レイカディア大学との交流・情報技術支援活動についてご紹介いただきました。



金子ゼミからは4年生のリーダーを務める3名が、ゼミの学習内容、課外活動など具体的な取組みを紹介しました。

これまでのゼミで行ってきた研究内容の紹介や、
丹波市での課外活動等、農学部独自の活動を紹介

続いて、金子ゼミ3年生の4チームが現在取り組んでいる課外活動(PDCAの実践)を紹介しました。

業研班4名が実施する調味料業界の企業分析について紹介

農業戦略班3名が実施する農業経営と6次産業化を学ぶ取り組みについて紹介

飛梅班3名が実施する、飛梅通信の執筆活動、
ゼミ生全員で実施したニュース記事要約の運営の取組を紹介

てくてく班4名が実施している
滋賀の穀物の魅力を伝える地産地消マップの作成についての取組を紹介


活動発表後は質疑応答を行い、内容の理解を深めました。

最後に両ゼミの学生が取り組んでいる女性の健康啓発のプロジェクトについて、ディスカッションと発表を行いました。

それぞれのゼミの学生からは次のような感想がありました。

農学部金子ゼミの学生の感想:
  • 今回の合同ゼミを通じて、それぞれのゼミの特色を知る事が出来たので大変良い経験になりました。坂本ゼミのレイカディアプロジェクトに興味を持ちました。年代が違う方と意見交換する事が出来る良いプロジェクトだと思いました。そして、3回生・4回生が合同でゼミを行っているとお聞きし、縦の繋がりが強い事も伝わってきました。
  • 農学部のゼミは友人を通してある程度どんな活動をしているのか知っていたが、坂本ゼミのような社会学部のゼミがどのような活動をしているのかはまったくイメージがわかなかったため、今回多くのことが知れて大変興味深かった。最後の女性の健康啓発活動のディスカッションは男が私1人しかいなかったため積極的な発言が求められたが改めて向き合う機会となり非常に楽しく話し合えた。

社会学部坂本ゼミの学生の感想:
  • 金子ゼミの方の発表を聞いて、コロナ禍でも自分たちにできることは何かを考え主体的に動いていて圧倒されました。他のゼミでやっていることで簡単にできることなどを一緒にやってみたいです。
  • 私達は興味関心が人それぞれで、全体でまとまった軸となるテーマが決めにくく、活動をじっくり吟味していくことが難しい反面、自分では知りえなかったゼミメンバーの興味関心から幅が広がり面白さを実感している。しかし、農学部のゼミでは全体の大きな軸が決まっていることで内容の濃いゼミを展開されており、学生間での気づきがあるのだと様々な活動内容に圧倒されました。

合同ゼミの取組みについて、次のような感想もありました。
  • 他のゼミへの発表を通して自分の士気も上がり、相乗効果でより良いものになって行くのではないかと思った。
  • 是非両方の学部で共通点などを見つけコラボ企画のように学部外で何か活動してみたいと思った。
  • 今後も合同ゼミを行うなら、同じ課題を社会学部と農学部それぞれの立場から行ってみると互いに違った視点から意見を交換することができるのではと思いました。

学生たちは、他学部の研究分野等を学べ大変刺激になったようです。自分自身のことを振り返るきっかけにもなったと思います。
今後のゼミ活動や研究に、より意欲的に取り組んでほしく思います。

坂本先生、坂本ゼミのみなさん、ありがとうございました。(金子)