ゼミの様子

 総合演習では、それぞれの卒業研究の進捗状況をはなして、コメントをもらいます。また、他の人の研究内容や状況を共有し、労力がかかるときには協力し、お互いに助けあっています。
 
 

 
これがゼミの様子です。
後ろのホワイトボードにそれぞれの進捗状況や予定を記載し、お互いの状況が把握できるようにしています。そろそろ就職活動も落ち着いてきたので、卒業研究に力をいれていきたいと思います。(文責 塩尻)

卒業研究のひとコマ

今日は、植物と寄生性線虫の関係を研究している浅水ラボより、卒業研究のひとコマをお知らせしたいと思います。学生さんは、それぞれのテーマで実験をスタートさせています。

感染実験に使う線虫の卵嚢を集めています。








トマトの葉に穴を開けています。虫喰いの状態を作ります。

菌根菌が感染したトマトで、線虫のかかり具合を調べています。
楽しく、研究してくれることを願っています。







植物生命科学実習A/B

シロイヌナズナ無毛変異体のジェノタイピングと連鎖解析

 酵素化学に関する山形先生の4回の実験(温度・pHの影響や阻害剤の影響)をはさんで、先週まで永野先生の実習をこなしました。表現型に関わっている遺伝子を見つけるという実習です。
 
 まずはシイヌナズナの野生株(有毛)と無毛変異体を用いて、表現型の観察とこれらの分離比を調べて計算しましたが、なかなか違いが分からず苦労しているようでした。

 その後、DNAを抽出し、ゲノム上の複数の位置のジェノタイプをDNAマーカーを用いて調べました(どちらの親由来のゲノムなのか?)。そして各班の結果をまとめて、ゲノム上のどの部分が、毛のある・なしを決めているのか、連鎖解析により判定しました。

 これまでにDNAの抽出やPCRは経験していますが、なかなか予想された結果にならない班も多かったようです。微量な試薬を扱う実験において、ピペットマンなど基礎的な操作がいかに重要になってくるか、1つの要因として少し理解できたでしょうか。

 今週からの4回は岡田先生の実習で、RNAの抽出などを行います。

 






 











湖南市での採蜜 6月10日

資源生物科学科の佐藤茂ゼミとウェンダコーンゼミ、そして植物生命科学科の古本ゼミでは、3つのゼミと湖南市との連携事業で、湖南市に新しい特産品を作り出すプロジェクトを進めています。
 佐藤ゼミ・ウェンダコーンゼミは、「エンサイ」をねたに、古本ゼミでは「西洋ミツバチ養蜂」をねたにしています。
 古本ゼミでは、昨年から2群程度の規模で西洋ミツバチ養蜂を開始していましたが、この連携事業を機に、6群に増群し、大津市の瀬田で3群、湖南市の針で3群、飼養しています。瀬田の蜜は大学の各種イベントに、湖南市の蜜は連携事業関係に使います。湖南市との連携では、「農福連携」として福祉関係の人の力を借りたいと思っています。農福連携を目指している養鶏会社の「チャレンジファーム」を拠点に、古本ゼミも活動します。鶏舎の一部に蜂箱を置かせてもらい、養蜂を行います。

いろいろとトラブルをかかえつつ、ついにこの夏の採蜜時期を迎えました。まずは、関係者だけで採蜜しました。その様子を示します。






古本ゼミの学生は参加できなかったのですが、養蜂をやりたいという農学部学生自主組織「養蜂組織」のメンバーが手伝ってくれました。5Lほど採れたでしょうか。ラベルデザインをお願いしたい会社の人、福祉関係の人、大工さん、湖南市役所の人、それぞれ関係者は楽しんでくれました。
 今後は、蜜源植物にも工夫を凝らして、湖南市のハチミツの輪を広げてゆきたいと思います。
(古本)

湖南市でのエンサイの試食会 7月5日

 資源生物科学科の佐藤茂ゼミとウェンダコーンゼミ、そして植物生命科学科の古本ゼミの3つのゼミでは、湖南市との連携事業で、湖南市に新しい特産品を作り出すプロジェクトを進めています。佐藤ゼミ・ウェンダコーンゼミでは、「エンサイ」をねたに、古本ゼミでは「西洋ミツバチ養蜂」をねたにしています。
 エンサイは水田のような水の多いところを好む植物で簡単に育てることができます。収穫されたものは、ちょうどホウレンソウのように食べることができます。佐藤茂ゼミとウェンダコーンゼミでは、「エンサイの栽培から新しい食べ方まで」を提案しようとしています。本日は、湖南市の産直市場「ここぴあ」で、エンサイの試食会でした。メニューのアイデアは、バナナアート(株)の立花さんという方にお願いしました。
 古本ゼミで採れたハチミツも利用したドレッシングやプリンソースなど美味しい工夫がいっぱいでした。

エンサイのスムージー
エンサイのおひたし
エンサイの炒め物
エンサイのサラダ
エンサイのプリン






どれも絶品でしたが、おひたしをハチミツソースで食べるのがとても気に入りました。プリンもとてもおいしい。
どれを中心にするか、今後の展開が楽しみです。
(古本)